2009年01月31日

I & ☆

涙が流れていた
流れる理由はわかっていた
声なんてでない
ただ静かに静かに流れてた

こんなとき
空を見上げる
空には大切だった人たちがいるから
なぜ貴方が星になったのか
少しだけわかった気がするわ
上を向いたら涙がとまるから
きっと
貴方はわかっていたのね
私が泣き虫だってこと

貴方に会うときは泣き顔ばかり
こんな私じゃ心配しちゃうかな?
でもね
少しだけ変わったことがあるの
泣いてる理由が貴方じゃないってこと
貴方以外のことで泣くことなんて
ないって思ってた
大切な人ができてしまったの・・・
こんなこといったら
貴方は怒るかな?

私ね
貴方がいなくなってから
いろんなものが欠けていたの
それに気づかせてくれた人
私にいろいろなものを与えてくれた人
忘れていた何かを思い出させてくれた人
貴方が言ったこと
今ならちゃんと理解できるよ

ちゃんと生きてるよ
貴方に恥じることのないように
ちゃんとがんばってるよ
間違いだって寄り道だって
意味のないことで悩んだりしたって
ちゃんと前に進んでるよ

もちろん貴方のことも大切
きっとずっと
忘れない
きっとこれからも
貴方に会いにくるよ
いつか笑って貴方に向き合いたい
posted by RuRu at 23:54| Comment(27) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。